不動産の動向!!

最近、感じることがあります。消費者の皆さんの
動向です。

景気があまり良くない状況ですが、戸建の
低価格、2,000万円台が動いています。

リーマンショック以来、マンションデベロッパーが
減少し、マンションの供給が減少!!

じゃ、マンションは買わないのか、と思い気や
そのユーザーが戸建に流れている。

一般的に、一グループと呼ばれる、一建設、
アーネストワン、アイディーホームなどは
好調である。低価格の戸建事業を展開している
からである。

不動産に関らず、今の世の中両極端です。

安くてよいものか、高いが、ブランド力の
あるものか、ハウスメーカーはこのブランド志向的
存在、しかし、高級志向は絶対数が減少している。
バブル崩壊後、しばらくは、住宅事業に跳ね返って
はこなかったが、徐々に高額帯ユーザーは減少
そして、リーマンショックこれで崩壊した。

しかし、このリーマンショックを身近に感じない
所得層は、変わらなくマイホームを探し購入している。
無理な、高額な物件ではなく、家賃並みで住宅ローンを
組める金額帯、たとえば、家賃10万円とすると、3,000万円
前後の物件を同じ、10万円程度で35年ローンで購入できる。

生活をしている以上、住まいは必要不可欠である。
賃貸でも、家賃は発生する。しかし家賃は捨て金で
何も帰らない、しかし、同じ金額でマイホームが購入できるのならば
毎月の支払いは、捨て金ではない、不動産が残るのです。

中古マンションに至っては、賃貸マンションで駅に近い物件は、
65u程度で家賃、12〜15万円くらいはする。

同等の分譲中古マンションを見てみると、1500万円から3000万円と
結構幅はあるが、存在する。2000万円の物件を購入すると、
毎月のローン支払いが、諸経費もオールローンとして70,000円台
それに、管理費、修繕積み立てがほぼ、30,000円程度、
合計、100,000円でマイホームが買えてしまう。

みなさんも、無理は決して良くありませんが、家賃並みで購入できる
マイホーム検討の余地はあると思います。

Profile

image
erjapan
不動産コンサルティングを初めとする不動産のあらゆる情報をご提供いたします。

New Entries

Comment

Categories

Archives(73)

Link

株式会社イーアールジャパン

Search

Free